「曳舟川つれづれ草」(横井正男著)連載

「曳舟川つれづれ草」(横井正男著)連載

第1章 曳舟川のはなし
6、明治以降の曳舟川(二)

(3) 北原白秋と曳舟川  詩人の北原白秋(*2)をご存知のことと思います。明治末期から昭和初期にかけて「からたちの花・この道・ペチカ・あわて床屋・待ちぼうけ・ゆりかごの歌・砂山・城ヶ島の雨等々」、私たちが子供の頃に唄ったり聞いたりした歌の...
「曳舟川つれづれ草」(横井正男著)連載

第1章 曳舟川のはなし
7.曳舟川通りへ(一)

(1)曳舟川の廃止・埋め立て 昭和5年(1930)荒川放水路の完成により、曳舟川は分断されました。川に流れがなくなり、併せて沿岸の工場や民家からの排水による汚染が始まり、遂にはドブ川と化しました。          太平洋戦争末期の昭和19...
「曳舟川つれづれ草」(横井正男著)連載

第1章 曳舟川のはなし
8、曳舟川通りへ(二)

(3)東武の高架化・駅前に歩道橋 昭和42年(1967)、東武伊勢崎線(現スカイツリー線)の高架化工事が完成しました。曳舟通りはアンダーパス(掘り下げ式立体交差)になり、水戸街道と明治通りも共に踏切がなくなり、渋滞が大幅に緩和されました。 ...